CANDYでございます

仕事や音楽、主婦としての日常生活(愚痴・料理・遊び)・・・・ツラツラと語ってます。どうぞよろしく♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「歳とった女」の一人暮らし

祖母86歳。叔母(祖母妹)84歳。私の母59歳。

死別。離婚。それぞれ理由はあるが・・ともに「女1人暮らし」
祖母&母は、もちろん子供が居るから頼る所があるので、甘える所はある。

けど、叔母は子供もいない。

心許せて、思いっきり頼る所もなし。
「気の毒やなぁ、かわいそうやなぁ」と思うのは、こちら側だけで、以外に叔母は気丈である。

結婚後、小さい子供を病気で亡くし、夫を若くして亡くし。
50代に乳がん手術をし、
70代で心臓が悪く倒れた。
先日、白内障で入院し、、
目を良くしたい理由は。。
「細木和子の本が読みたいから。字がキレイに書きたいから。」

84歳にしては、頭も耳も、しっかりしてる。
新聞も読む。
本も読む。
TVの最先端の情報・・芸能も情勢も、必ず知っている。
携帯電話もチャレンジしようとしている。
将来の生計も、先の先まで考えている。

子供が居ると居ないでは、こんなに違うものかと、叔母には頭が下がる!

「四柱推命やら、神・仏様・・祖先を大事にする」

私の意思を培わせた師でもある・・そんな叔母が・・

「細木和子」を崇拝中・・

以外に「へぇ~」だった。

私も・・二人とも崇拝はしてる。

っていうか、叔母も細木和子も「当たり前の事」言ってるだけだけどね~。
スポンサーサイト

テーマ:家族を支える人間関係 - ジャンル:結婚・家庭生活

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。